症例集

セレックで前歯を修復~ブラックマージン

■写真1

example

前歯の審美障害を主訴に来院されました。
数年前に上顎前歯に3本、メタルセラミックスを入れたそうですが、歯肉との境目のブラックマージンが気になるとのことです。


■写真2

example

他の歯も白くしたいと御希望されたので、まずオフィスホワイトニングを行いました。
ホワイトニング直後なので、色ムラがありますが、時間とともに落ち着いてきます。


■写真3

example

メタルセラミックスを外しました。
支台歯の虫歯を綺麗に除去し、またメタルコア(金属の土台)をファイバーコアに置き換えました。
セラミックスから、メタルコアの色が黒く透けて見えるからです。
また隣接する歯(右上2番と左上3番)の側面の虫歯もコンポジットレジンを充填し治療しました。


■写真4

example

セレックで前歯3本を作製しました(今回はe.maxを使用)。
全体的に明るい感じになりました。
歯肉縁上のマージンの適合も良好です。


■写真5

example
example

セレックはマイクロスコープを使いながら丁寧にかつ綺麗に支台歯形成を行い、支台歯を直接、3Dカメラで撮影することで適合の良い修復物を作ることができます。
また形成したその日のうちに、セラミックスをセットすることで、接着効果を最大限にまで上げることができます。


■写真6

example
example
example
example

適合の良い修復物を入れることで、将来の「やりかえの治療」の回数を減らすことができます。
その結果、歯は長持ちします。


■写真7

example
example

材質や治療法により、適合性が劣る修復物があります。
その結果、歯磨きを頑張っても、また虫歯ができ「やりかえの治療」を余儀なくされます。
何回も「やりかえの治療」を行うと、その歯はいずれ抜歯になるリスクが高くなります。