マイクロスコープによる高度で精密な治療

Carl Zeiss社製のマイクロスコープ

当クリニックの特診室ではマイクロスコープを色んな場面で使います。つめものやかぶせものの適合性のチェック、虫歯の取り残しがないか、歯を削ったラインの確認、歯石取り、セメント除去、根の治療、歯周外科手術など・・・。

福岡県ではまだ約2%の歯科医院しか導入していないマイクロスコープにより今まで歯科医師の肉眼や手指の感覚に頼っていた歯科治療を非常に高いレベルで行えるようになりました。

100円札の桜の花の絵 arrow マイクロスコープで見たお札

▲写真の黒丸で囲ってある部分をマイクロスコープで覗くと…

 

▲ニホン(赤矢印)と書いてあるのが分かります。

マイクロスコープで広がる治療の可能性

2007年に、当クリニックにマイクロスコープが導入され、私達も院長から治療に活用できるように訓練されてきました。それまでは肉眼だけで治療してきましたが、マイクロスコープを使うようになって、今までの自分の治療は何だったんだろうと正直悩んでしまいました。それくらい細かいところまで見えるのです。
歯石取りをした後、肉眼ではきれいに歯石は取れているのに、マイクロスコープで見ると取り残しが分かります。セメント除去もそうです。特に今主流の接着性レジンセメントは取り残しがあると人工の歯石になりますので、マイクロスコープを使ってしっかり取るようにしています。

また院長はマイクロスコープを使って歯を削るので、私はその削ったラインにピッタリ合うようにマイクロスコープを使いながら仮歯を作ります(そのため時間がかなりかかってしまうのですが・・・)。
そうすると次回来院された時に歯肉の状態がとてもいいのです。

肉眼での歯科治療には限界があると思います。これからの歯科治療にはマイクロスコープは絶対に不可欠だと私は思います。

新しい視野と良質な歯科治療に向けて

さまざまな診療において、観察部位が大きくクリアに見える事で、より丁寧な治療が行えます。

COMPOSITE RESTORATION

形成時ベベルの付与、精密な充填と付形操作、天然歯との色調整をはじめ形体修正、仕上げ研磨まで、多様なファクターがあるコンポシッドレジン修復の各ステップでマイクロスコープが活躍します。最終仕上がりの違いをご体験下さい。

PREPARATION

補綴物の適合精度。これはいつの時代にも課題です。適合精度には拡大や視野下での形成が大きな武器になります。もちろん印象のチェックやセット時の余剰セメント除去確認などにも発揮します。

ENDODONTICS

光が届きにくい臼歯部の根管はさがすのも大変です。マイクロスコープなら、大きく明るく拡大することにより、きれいに根管形成ができ、隠された根管孔もさがせます。

INPLANT

近年、インプラントの製品、術式は飛躍的に向上しました。精度の高い埋入と、確実なテッシュコントロールによるガムラインの形成。マイクロスコープで更なるクオリティを追求しています。

PMTC

大きく明るく見えることで、歯肉や歯牙にやさしく、きれいに仕上がります。