歯周病の治療

プラーク顕微鏡写真
※細菌が沢山います。

当クリニックでは歯周病の治療をまず第一に考えています。 まず歯を支える骨や歯肉をしっかり健康にしてからでないとせっかくの歯の治療もだいなしになることがあるのです。

歯周病の主な原因は歯垢(プラーク)です。プラークは約70%が細菌から出来ています。 当クリニックでは歯磨きの練習はもちろん、歯石除去やPMTCという歯や歯肉のクリーニングを徹底的に行っていきます。大抵はこのような治療で改善していきますが、重度の歯周病の場合、患者様が希望されれば手術もおこないます。

PMTCキット

その際、保険は効きませんが、歯を支える骨を増やす、組織再生誘導などの治療を選択することも出来ます。

また歯周病の治療後はメインテナンスが重要となりますので、当クリニックでは月に1回美容室や散髪に行く感覚で多くの患者様がお口のおそうじに来院されています。

歯周病の治療の進め方

1.審査

位相差顕微鏡

デジタルレントゲン撮影、歯周ポケット検査、位相差顕微鏡を用いて、現在の歯周病の進行具合などを御説明していきます。
また全身状態、生活習慣などのお話、治療の御希望などもお聞かせいただきます。

2.治療

歯石除去、PMTCを徹底して行い、歯周病菌をお口の中から減らしていきます。
また患者さんそれぞれの、お口の状態に適したブラッシングの仕方、清掃道具などを御説明し、御自宅でのプラークコントロールの上達のお手伝いをしていきます。

3.再検査

ここまでの治療の成果を検査し、さらに歯周病の治療を進める必要があるかどうか調べていきます。 必要な場合、患者さんが御希望されれば、歯周外科手術やレーザー治療を行います。

4.メインテナンス

歯周病の治療に終わりはありません。
治療の成果を維持するためには、定期的な歯科医院でのクリーニング(PMTC)が必要となってきます。

歯周病が進行した状態

 
▲表面   ▲裏面

歯周病手術を行った後の写真

 
▲手術後の写真(表)   ▲手術後の写真(裏)

 

»
▲手術時、
骨が一部大きく失われている
  ▲組織再生誘導により骨を増生