マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットを使わず、写真のような透明なマウスピースを定期的に取り替え、少しずつ歯並びを整えていく矯正法です。

当医院では、クリアアライナーというマウスピース矯正を行っております。

▲従来のワイヤー矯正

▲クリアアライナー

1.カウンセリング

レントゲンを撮り、歯型を採り、マウスピース矯正が可能かどうか診断します。診断には数日ほどお時間をいただきます。

※マウスピース矯正は、奥歯の咬み合わせに問題がない前歯部の歯列不正や、矯正後の後戻りの治療、わずかなスペースの閉鎖などが主な適応症です。
抜歯が必要なケースや、上下顎の大きな不調和、複雑な歯並びのコントロールなどの症例には適応できません。
まずはご相談下さい。

診断用セットアップ模型を作り、最終的な治療の目標を患者さんに確認していただきます。

2.マウスピース矯正が可能な場合、まずマウスピース作成用の歯型を採ります。その歯型を技工所に送り、少し歯を動かした模型を作り、その模型で3種類(ソフト、ミディアム、ハード)のマウスピースを作ります。

3.ソフトからミディアム、ハードへと順次7~10日間ずつ装着していきます。1日17時間以上装着し、食事の時や歯磨きをする時は外します。

4.マウスピースがハードになる頃、来院していただき、歯型を採ります。その模型を技工所に送り、また少し歯を動かした模型を作り、新たにソフト、ミディアム、ハードの3つのマウスピースを作ります。またソフトから順次7~10日間ずつ装着していきます。

5.この作業を繰り返して、少しずつ歯並びが整ってきます。

6.矯正が終わったら、後戻りを防ぐため保定装置を使っていただきます。

▲60代女性。マウスピース矯正で、
 前歯の歯並びを治しました。

»

▲患者さんの頑張りで約半年で
 ここまで綺麗に並びました。

患者様の協力が不可欠です

 

クリアアライナーよくある質問

料金