インプラントで噛める喜びを・・・

「インプラント」とは歯の抜けたところに、人工の歯根を植え、しっかりと顎の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。天然歯と同様の、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)が出来るようになります。またブリッジの様に抜いた、となりの歯を削る必要もないのが特長です。

◆しかしインプラントはどなたにもできるわけではなく、全身の健康状態やお口の状態に大きく影響を受けますので、まずはご相談ください。

◆またインプラントは治療後のメインテナンスがとても大切であることをご理解ください。

◆当クリニックでは今まで多くの方がインプラント治療を受けられ、「咬める喜び」を手に入れられています。入れ歯でうまく咬めない、食事が美味しくない方は、ぜひ一度ご相談ください。

インプラント埋入手術料金
・1本¥150,000~(消費税別)
・手術料金 1回¥100,000~(消費税別)

※インプラントにかぶせる歯の代金は別途必要で材質によって異なります。

▲このように完全に減菌された
手術着を着用して行います。

▲当院でのインプラント手術
の様子

 

 

※下顎臼歯部のインプラント手術に際しては、九州中央病院にCT撮影を依頼し、口腔外科専門医に骨や神経・血管の走行状態を克明にレポートしてもらい、より安全にインプラント手術を行っております。

従来の施術法(ブリッジ)の問題点

従来のブリッジのでは悪くもない健康な歯を写真のように削ってしまわなければいけません。

▲ブリッジ(術前)

▲ブリッジ(術後)

従来の施術法(入れ歯)の問題点

右図のように、歯肉の部分にプラスチックの床を配し、留め金で固定する方法が一般的ですが、このやり方ではどうしても歯肉部分に乗せた基盤(床)が動きにくいように加工しているだけですので、力を入れて噛む事は難しいです。

インプラントでは左図のように人工的に歯根を作って固定しますので、自分の歯で噛んでいた時と同じような力でかみ締める事ができます。

インプラントというのは英語で「implant」、しっかり差し込むという意味です。医学用語では移植するという意味があり、歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。

インプラントや磁石を使った入れ歯

入れ歯が動いて困る方には次のような方法もあります。

  1. インプラントを使った入れ歯
    手術をし顎骨の中にインプラントを埋入し、インプラントと入れ歯を固定します。
    総入れ歯の方でもかなり強い力で咬めるようになります。
  2. ▲インプラントを使った入れ歯(図)

  3. 磁石を使った入れ歯

    ▲磁石を使った入れ歯

    残っているご自分の歯根に磁性金属、入れ歯側に超小型歯科用磁石を取り付け、磁力によりガタつきのないピッタリした入れ歯が可能になります。
    料金: 磁石 1個 ¥20,000~(消費税別)
    ※入れ歯は別途見積もりが必要です。