先輩2011/12/13

僕が今までの人生で一番仲が良かった友達はS先輩だった。高校の1つ上の先輩だった。大きな病院のお坊ちゃまで、貧乏な家の子供だった僕とは生まれも育った環境もかなり違っていた。
それでも何故か気が合って、高校を卒業した僕は福岡に戻ってきて、S先輩も福岡の予備校にいたのでよく会っていた。
「ヘリンボーン」というショットバーにいつも2人で行って、酒を飲んでそれからラーメンを食べたりしていた。「先輩、ちゃんと勉強しなきゃダメですよ。」と言っていたが、S先輩はよく僕の部屋に遊びに来て、一緒にほか弁を食べたりして他愛もない事をずっとしゃべり続けていた。

S先輩は「お前は大学生でいいよなあ」と言いながら、身を粉にして働く金欠の僕とは違っていつもお金をたくさん持っていた。おまけにS先輩はイケメン。クリスマスイヴは僕はたいていアルバイトで1人淋しいイヴだったが、S先輩にはかわいい彼女が何人かいて、24日の夜は時間差で彼女達と会っていたから大忙しだった。プレゼント代で数十万円使っていた。
「ヘリンボーン」では1人で飲みに来ていた某TV局の女子アナに誘われて僕を1人残して2人で出て行ってしまうし、予備校の美人受付嬢と付きあったりとそれはそれはすごかった。

S先輩がやっと大学の医学部に入って、お互い多忙になって、会う事はほとんどなくなっていった。

その後しばらくして、噂で聞いた。S先輩が朝、布団の中で冷たくなっていたということを。

先輩、あの世でも女の子誘ってるんじゃないですか?また機会があったら一緒においしいカクテルを飲みましょう。

Favorite musician2011/09/20

先日、SHANTIのミニライブに行ってきました。土曜日の午後4時からだったので、診療が終わってダッシュで駆けつけました。
SHANTIは本当に大好きなアーティストで、いつも仕事が終わってクタクタになって帰宅する時、車の中でCDを聞いて癒されています。

目の前3メートル位のところで、SHANTIの生歌を聴くことができたのですが、本当に感激しました。
最後はSHANTIと握手してサインもしていただいたので、とても嬉しかったです。

SHANTI

グリンダ2011/08/28

九州の皆さん、キャナルに劇団四季のウィキッド観に行きました?4月から8月までの期間限定でしたが、僕の娘は6回観に行きました。ちなみに僕と嫁は3回ずつ行きました。
娘は5歳の頃から劇団四季に入りたいと言っていて、今でもその目標はぶれていないようです。
クラシックバレーを週に2回習い、嫁がピアノ講師なので毎日音楽のレッスンを受け、今度は声楽も習いたいと言っています。ちょっと耳で聞いた音楽をさらっとピアノで弾けるのはすごいなあと思ってしまいます(親バカです)。
よく娘にウィキッドのセリフの掛け合いを求められるのですが、娘は一言一句覚えていて、僕があいまいな間違ったセリフを言うと「何でパパは3回も観に行って全然覚えてないの!」と怒られる始末・・・。

SHANTI

ところで一度だけ沼尾みゆきさん演じるグリンダを観ることができたのですが、「すごい!」の一言。あの歌声には誰もがうっとりしてしまいます。

人に感動を与えられる、アーティスティックな仕事って本当に羨ましいです。もちろん生まれ持った才能とそれを開花させる血のにじむような努力があるからこそ人を感動させることができるんだと思います。

楽譜が読めたり、楽器が弾けるのっていいなあと思う。中学の時、音楽が得意な隣の席の女子に「数学の答え教えてやるから、その代わり音楽の答え教えて。」なんてことやってたからダメなんですよね。

大切な命2011/05/27

先ほど妹の子供が亡くなった。
まだ10歳になったばかりだった。

小学校1年生の時に脳腫瘍になった。脳腫瘍のなかでも悪性度が高く100万人に1人なるかならないかくらいのガンだといわれていた。

脳腫瘍になる前、片耳も腫瘍で聞こえなくなり、それだけでもかわいそうなのに、ガンで命まで奪われてしまった。

もっと小学校にも行きたかっただろうに、友達や両親とももっと遊びたかったろうに、成長して恋愛だってしたかっただろうに・・・。

何回も手術を頑張って、抗がん剤の副作用も我慢して、放射線治療もたくさんやって髪の毛も抜けて、あんな小さな子が何であんなつらい目に遭わなければならなかったのだろう。

妹夫婦も周囲には微塵も見せなかったがつらかっただろう、僕には想像できないくらい。

1年生の頃だったか、大人になったら歯医者になりたいって言ってた。歯医者になったら伯父さんの病院をあげるねって言っていた。

お正月に親戚みんなで集まって、その子が楽しそうに笑っていたのを思い出す。今度生まれ変わった時は、きっと体も丈夫で人生を楽しんで欲しいな。

歯が抜ける夢2010/8/28

私は歯が抜ける夢を時々見ます。
職業柄、結構その夢はリアルです。
朝起きて、歯を触って「よかった!歯がある!」なんてこともしばしば(素人みたいですいません)。
夢判断によると、あまりいい夢ではないらしい・・・。

ところでうちの患者さんが、「痛い」ということで来院される。診察すると歯周病の急性症状からの痛み。患者さんに「歯周病の急性症状からの痛みのようです。歯周病が少し進行していますね。」と説明すると「虫歯ではないんですか、ああよかった」 と安堵の様子。私は「???」。

どうも虫歯だと削ったりするけど、歯周病は歯肉だからそんなに心配ないだろう、一時的なものだろうということらしい。
私はあんな夢を見てるから、歯周病の方が怖い気がします。骨が吸収されて歯の動揺が起こってきて、きちんと治療せずに放置したら、抜歯になる。夢が現実になるのです。
歯周病を甘くみてはいけません。頑張って治療しましょう。

終りのない「やりかえのサイクル」2010/8/4

歯は一度削って詰め物をすると、「やりかえのサイクル」に入ってしまいます。
小さい虫歯があって、削って詰め物をする。数年後詰め物が劣化したり、その周囲に新しい虫歯ができて、また削って新しい大きな詰め物を入れる。またその詰め物が劣化したり、その周囲に新しい虫歯ができて今度は神経を取ることになる。神経を取ると金属の土台を入れてかぶせものを作る。数年後また境目から虫歯ができたり、歯根が破折して抜歯になる。抜歯をしたら両隣の歯を削ってブリッジを作る。ブリッジの支えに使った歯が今度は虫歯になる。その後は同じことの繰り返しで2本、3本と歯を失い大きなブリッジになったり、入れ歯になったりする。

だからこの「やりかえのサイクル」に入らないようにすることが大切です。すなわち予防が大切なのです。また最初の「削る行為」を適切で必要な段階で行うことが大切です。

ところが現在の日本の健康保険は「削ることで医院に収入が入る」仕組みになっています(以前より少しずつ改善されてきているようですが)。歯を予防することで医院に収入が入る仕組みができれば削る歯は減少するのでしょうが、その仕組み作りが難しいのでしょう。
しかしこんな事を書くと、患者さんは「歯は削らない方がいいんですよね!」と言ってくる。見てみると、虫歯で大きな穴があいて大きく欠けている。様子見でいいのは、あくまでもエナメル質に限局しているくらいの実質欠損が起こっていない虫歯ですね。そして虫歯が進行していってないか定期的に歯科医院で見てもらってPMTCを受けたりすることが必要です。

藤崎奈々子さん2010/7/10

以前雑誌の対談でタレントの藤崎奈々子さんに僕の病院にわざわざ来ていただきました。
マネージャーさんと雑誌の記者の方と3人でお見えになられました。
第一印象は「顔が小さい!!」。
1時間弱ほど歯科金属アレルギーや歯周病のケアなどについてお話させていただきました。お話の後はお口の中も診察させていただいたのですが、かなり緊張しました・・・。
テレビでみるままのおっとりとした雰囲気の方でした。

カレー屋さん2010/4/6

先日、学生の頃によく行っていたある商店街に行く機会がありました。学生時代アルバイトが終わった後、その商店街に晩御飯をよく食べに行っていました。その当時、表通りからは見えない路地裏に行きつけのカレー屋さんがありました。

懐かしいなあ、まさかあのカレー屋さんはもうないだろうなと思って路地裏に入ってみると、18年前と全く変わらない看板。お店の中をのぞいてみると、あの時と同じおじさんが一生懸命カレーを作っていました。髪が真っ白になっていましたが、元気な様子。すごいなあと思いました。ずっとこの路地裏でお店を続けていたんですね。

人はともすれば、現在の状況からの変化を求めたがるものです。もちろん進化していくための変化は必要だと思う。しかし地道に一つの事を続けているおじさんの姿勢に感激しました。子供がいたので入れなかったけど、ぜひ今度お店に入りたいです。

大家に学ぶ2010/3/11

昨日夕方、2時間予約のお客様が直前にキャンセルされたので何もすることがなくなり、スタッフは各自課題をもって勉強したり、実習したり掃除をしたりしました。 僕の予約の取り方はこういう時がつらい・・・。

保険のお客様でも2時間3時間と長時間の予約を取るし、お客様に「次回は2時間御予約をお取りしていますので、キャンセルされる場合は早めに御連絡下さい。」とお伝えしても何が起こるか分からない、先日は「孫が急に遊びに来たから行けない」と予約時間の10分前にキャンセルされました。普通はこれでカチーンとくるところですが、「これは勉強できるいいチャンスだ。勉強しよう。」と切り替える努力をします。

昨夜も以前買っていて、まだ読んでいない歯の本を読み始めました。3時間ぶっ続けで読んで、読み終わった後に襲ってきたものすごい落ち込み感・・。「すごい、すごすぎる。世の中にはこんなにすばらしい治療をされる先生がおられるのか・・・。オレなんか全然ダメだな・・。」有名な歯科の先生の本を読んだり、講演を聞くと時々そう思うことがあります。

そして吸収できるところは吸収して自分の臨床に生かします。だから自分で言うのもなんですが、年々上手くなっていると感じます。3年前の自分ではできなかったことが今できるからです。

現状維持できていると思った時には力が落ち始めているのではないでしょうか?

精度2009/11/7

僕はド近眼で視力は0.03くらいです。
診療時はコンタクトを使っていますが、家ではメガネを使っています。
最近メガネも安くなりました。昔の半分くらいの金額で作れます。
しかし安くなった分、フレームの精度が落ちてきたなあと思います。1年で4本くらい作ったのですが、そのうち2本のネジが買ってすぐにゆるんでしまいました。もちろん笑顔で無料で修理して下さるのですが、価格と物の精度はやっぱり比例するんだなあと思います。コストをかけてしっかり精度を上げて作った方がそれだけしっかりしたものが作れるので、壊れにくい、丈夫なものが作れるのは当たり前です。

僕の愛車ホンダのNSXタイプRもそうです。コスト度外視で多くの過程をハンドメイドで作られたこのオールアルミボディの車は、14年経った今でも、新車の時と全く変わらない走りをしてくれます。エンジンもシャーシも全くヤレを感じません。数分間に1台、ロボットの流れ作業で作られる車がこんなに長持ちするでしょうか?

歯科治療にも当てはまります。保険の範囲内で、いい治療が受けられたらそれに越したことはありません。しかし歯科の保険点数は異常に低すぎます。だから1日30人も40人も診なければ経営が成り立たない。1日にそんなにたくさんの人数を診てきちんとていねいに精度が高い治療ができるのでしょうか?アメリカの歯内療法の専門家はマイクロスコープを使うのが当たり前ですが、1日に4人しか診れないそうです。それで経営が成り立つ。精度が高い治療をするためにはそれくらい時間と費用がかかるものなんですね。

僕は保険医で保険治療もたくさんしていますが、マイクロスコープを使ってじっくり診療しているとこのジレンマにいつも襲われます。

おじいちゃん先生2009/10/31

今から11年前、開業を決意し、銀行に開業資金の融資を申し込んだ頃です。
僕の実家は貧しく、担保になるものも何もなかったので、融資がなかなか出ませんでした。
生活のため仕事をしなければならないので、融資が下りるまである歯科医院でアルバイトを始めました。
そこの院長先生はその当時80歳くらいのお歳でしたが、現役で診療されていました。昔からの馴染みの患者さんがたくさん来院されていて、入れ歯の治療を中心に毎日元気に診療されていました。
ある日、インドの女性の患者さんが来院されました。虫歯の治療で、院長先生は目があまり見えないので僕が担当することになりました。するとそのインドの女性は片言の日本語で「イヤデス!ワカイセンセイ、コワイ!」と言われました。
仕方がないので、「院長先生、あの患者さん、僕が若いから嫌だと言っています。院長先生治療お願いします。」「よしきた!」TVを観ていた院長先生は元気に飛び出していきました。しかし細かいところが見えないため、スタッフに「院長先生、それは虫歯じゃないですよ、差し歯ですよ!」
とか言われながら削っていました。
けど院長先生のこと、素晴らしいと今でも思っています。高齢になっても歯科に対する情熱を失わず、勉強を頑張っておられました。
そしてなによりも毎日診療を続け、たくさんの患者さんに慕われていました。尊敬すべき先生の一人です。

体を鍛えまくる!!2009/9/18

僕は必ず1日8時間はしっかり睡眠をとるようにしています。歯科医師は人の体を扱う仕事。
試合前日のアスリートと同じように完璧なコンディションで仕事ができるように毎日心がけています。

ただ40歳過ぎて、体力の衰えを感じてきたのも事実です。
30代の頃は1日50~60人の患者さんを1人で治療しても平気でした。
ここ1~2年、ありがたいことに患者さんの数がますます増えてまいりました。
とても喜ばしいことなのですが、体力がついていかない・・・。
体重がこの2年間で8Kg落ちました。
半年くらい前には、ろれつが回らくなりました。うまくしゃべれないのです。
幸い2~3週間くらいで治りました。ところが先月には胸が痛くて苦しさを感じてきました。
お盆休みで少し休めたので無事治まってきました。

ポックリ逝くかも・・・。不安が頭をよぎります。
子供達もまだ小さいし、70歳までは頑張って診療したいと思っています。
「また体を鍛えよう!」そう思うもののなかなか実行に移せない今日この頃です。

劇団四季はすごい!2009/8/17

先日、娘と2人でライオンキングという劇団四季のミュージカルを観に行きました。娘はライオンキングが大好きで、5歳の冬頃から1,2カ月に1回は観に行っています。妻と交代で連れて行き、僕もこれで6回目になります。四季の会員なので、毎回先行発売で1階の最前列のチケットを購入しています。

しかし何回観ても劇団四季の生の迫力には圧倒されます。歌、ダンス、舞台装置、どれもが圧巻で、プロのすごさを痛感します。子役もすごい!
最前列だと、シンバが寝転んだところなどが見えにくいのですが、俳優さん達の顔の表情などもよく見え、とてもおもしろいです。

また俳優さんにより微妙に演じ方や歌い方なども違っているところも興味深いです。
先日は青山弥生さんがラフィキを演じておられてとてもすばらしかったです。

« Essay先頭ページに戻る