部分入れ歯・総入れ歯

Full Denture / Partial Denture

デンチャーには、総入れ歯と部分入れ歯があります。

「デンチャー」とは入れ歯のことです。入れ歯にも総入れ歯と部分入れ歯があり、それぞれフルデンチャー、パーシャルデンチャーといいます。

おいしく食事をしていますか?

【金属床義歯とは?】

金属床義歯とは、主要部分を金属で作った入れ歯です。レジン(プラスチック)に比べて上部な素材である金属を使うため、快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。金属ならではの薄い仕上げは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで、一層おいしく食事を楽しむことができます。

それぞれの金属の特長を活かした金属床

Gold Plate ゴールド床

ゴールドは腐食による変色が起こらず、精密な加工を行いやすい金属です。お口の中で明るく美しいだけではなく、身体に優しい素材です。

Titan Plate チタン床

近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽く、アレルギー反応を起こしにくい、身体に優しいチタンを使用します。イオンプレート仕上げで金色に加工、清潔で美しい状態を永く保つことができます。

Cobalt Chrom Plate コバルト床

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。


★金属床は保険適用外になります。
ケースによってお値段が変わりますので、来院されて御相談下さい。

薄く快適。

違和感も少なく、お口の中が広く感じます。

温度が伝わる。

熱さや冷たさも味わいのひとつです。
金属床は温度をよく伝えるので
おいしく食事ができます。

丈夫で残った歯にも優しい。

部分入れ歯の場合、残っている歯にバネを
ひっかけますが金属床の入れ歯は
その残っている健康な歯にあまり負担を
掛けません。

見た目に目立たない工夫。

部分入れ歯を固定するためのバネを
目立たないように仕上げることができます。
前歯に入れ歯の大きなバネが見えることに
抵抗がある方にはお勧めです。

修理、リフォームも可能。

万一入れ歯が破損したり、ご自分の歯が
抜けたりしても金属床の場合レーザー溶接で
修理、補修できますので永くご愛用
いただけます。


総義歯ができるまで

■ステップ1

個人トレーという患者さんのお口に合ったトレーを 前もって作っておきます。個人トレーでラバー印象を採り、精密な型採りをします。


■ステップ2

咬み合わせを採るバイトプレートを作ってきて、咬み合わせを採ります。


■ステップ3

途中まで作って合わせました。
患者さんに咬み合わせや歯の色、歯の出具合などを確認してもらい、修正します。


■ステップ4

総義歯が完成しました。

上の総義歯 下の総義歯 上の総義歯の内面  

自然に見える入れ歯について Denture:Clasp

大きな口で笑えますか?笑顔がある生活を

【入れ歯について】

入れ歯に抵抗感はありませんか?
お口を開けて、話す時、食べる時、笑う時、銀色のバネがチラッと見える… できれば、入れ歯と気付かれにくくしたいものです。

部分入れ歯を固定するために、ほとんどの場合、残った歯にバネをかけます。 そのバネが素材や色調を工夫することで、目立ちにくくなります。そんな入れ歯にしてみませんか?

ご存知ですか?バネ(入れ歯を固定するための装置)には、様々な種類があります。
ここで、色・形状・材料を目立ちにくいように工夫したバネをご紹介します。





目立たないバネのメリット

残った歯に優しい。

プラスチックのバネは、弾力性があり、バネをかける歯への負担が少なくなるます。
Iバークラスプも、残った歯に負担が少ない形状です。

お口の中を明るく。

ゴールドのバネは、お口の中を明るく見せます。プラスチックのバネは、歯茎の色と同化します。

見た目に目立ちにくい工夫。

プラスチックのバネは、ご自身の歯や歯茎と同化して、目立ちにくく、Iバークラスプは、金属が見える部分を少なくしている形状です。

体に優しい材料。

プラスチックのバネは、金属アレルギーの心配がありません。ゴールドも、化学変化の起こりにくい金属で、安心して永い間ご使用いただけます。